上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の名は。

2016/12/05

君の名は。レビュー

遅ばせながら「君の名は。」観てきました

あまりに素晴らしかったためレビューを書いてみます
-----------------------------------------------------------------------------

起承転結が非常にしっかりしている


起:
三葉と瀧君が入れ替わるという謎が物語を引き付ける

承:
入れ替わって送る日常シーンから、瀧君が三葉に興味を示し訪れる
バイト先の奥寺先輩(美人)や友人のナイスフォロー

転:
訪れた先で3年前に隕石が落ちて三葉が死んでいることに気付く

結:
隕石で死なないようにタイムリープして瀧君が三葉や村人を助けようと頑張る
ここで題名の「君の名は。」が分かる
時をかける少女や、新海誠の処女作「ほしのこえ」を彷彿とさせる。切ない。
ラストで5年たった未来で、助けた、三葉と瀧君が出会う

感動
ザ・チャイルド観ました

出産を控えた夫婦が、南米のとある島に旅行に行きますが、
そこは謎の奇病に侵された子供が大人を皆殺しにしている島でした。


終始不安になるような雰囲気、絵の作り方がとても上手。


冒頭のカーニバルのシーンも楽しそうな背景とは裏腹に不安そうな主人公
滴る汗も緊張感を出してますよね。
ボートを貸してくれる人を探しているだけだったのですが。

あと踊っている人も楽しそうなんだけど、BGMだけで人の声がないからなのか不気味でした。


ボートに乗って島へ向かう途中も主人公と奥さんは楽しそうなのに、やっぱり不気味。
BGMも嫌な感じなんだけど、引きの絵が多く、ボートに対して海の面積が大きいことが不安にさせるのだろう。

なんと言っても昔のスプラッター映画でよく出ていた、嫌ぁーーーな感じのフォント文字が不快。

つーかマキノフって誰だよ!

エンドロール観るからにメキシコの有名な監督?ってところなんだろうけど、知らないですし
この異文化感も恐い。

子供達に襲われるまでも誰一人として島の人がいないし、寂れた町並みが不安を煽ってきます。

生活感はあるのに誰もいないという、マジックミラー越しに見られている感じというか
すぐ後ろに隠れていて襲ってきそうな緊張感、襲われても近くに人がいるのに助けを呼べない感じがありました。

サイレントヒルっぽいな。



子供達も笑いながら襲ってくるのですっげー恐い。
子供達に何があったのかは語られませんでしたが、とにかく良心0で殺しにかかってきます。

ここが面白い所で、見た目がゾンビとか異形なわけでもなく、身体能力も普通の子供です。

殴れば死ぬし、銃で撃っても当然死にます。

だからこそ主人公は手が出せないんですよね。
ましてや近々赤ちゃんが生まれるという状態。
良心0 vs 良心100の面白い対比が出来てます。

攻撃しなければ殺されるが、子供を殺すことなんてできないというもどかしさや、
ただ逃げるしかなく、徐々に悪化していく状況の追いつめられ感が面白い。

ある意味ゾンビとかモンスターより達悪いよね。
子供に爆弾持たせてゲリラ戦とか聞いたことあるけどこれは無理ゲーですわ。

まぁ、国際経験ほぼ無しの私からしたら理解度の無さではゾンビも南米の人も対して変わらないし
不気味と言えば不気味(超小声)


そんなことしてる間に奥さんのお腹にいる赤ちゃんまでもが感染し、内側から攻撃されて奥さん死亡。
まさか死ぬとは思わなかった。

「内側から刺されてる!!!」って言ってたけど、
どうやって攻撃してたんだろうww
子宮の中で胎児が「オラオラオラオラオラオラオラッッ!!」って抜き手でもやってたのだろうかww

これでいよいよふっきれた主人公は島からの脱出を本気で考える。

偶然拾ったマシンガンや棒で子供達を殺しつつボートまで逃げます。

しかし、なんていうか死体がリアルすぎて気持ち悪いんだよね。
特に撲殺された顔が映画の死体じゃなくて本物っぽい。
顔の変色っぷり、腫れ具合と骨?のズレっぷりががががが。

メキシコだからここら辺は見慣れてるのかね。(小声)

さぁ脱出だ というタイミングで海上警備隊みたいな人が助けに来ますが
傍から見たら大人が子供を何人も虐殺しているようにしか見えません。
主人公は射殺されてしまいます。


海上警備隊の船を乗っ取った子供達は感染を広げるべく本国へ向けて出発。

主人公の死に顔+血で真っ赤に染まった画面、いやーーーな感じのフォント文字で「マキノフ」で映画が終わります。

死に顔はもちろん嫌だし、気持ち悪いフォントの「マキノフ」って意味のわからなさが気持ち悪い。

後味 最悪の良映画でした。


このくらい登場人物と視聴者両方に無慈悲なスプラッターって、久しく観てなかったような気がして懐かしさすら感じました。
最近だと、クライモリシリーズが当てはまりそうだけど、あれは視聴者を楽しませる感じが出てるからちょい違うんだよね。

アルバトロスフィルムってまだやってるのかね。
スマイリー レビュー

SMILY (邦題:スマイリー)観ました。

最近の洋ホラーはオワコンって分かってたけど酒のみながらまったり見れそうだったのでApple Storeでレンタル。

結果として目的は達成されたのですが、映画自体のレビューとしてはイマイチとしか言えない。

ちなみに、このレビューは既に観た人で、他の人はどう感じたんだろう?って人向けですので
あらすじの説明なんかはしません。

まず、ツッコミたい。

匿名チャットでランダムアクセスしてるのに都合良く身内にヒットしてドッキリとか無理じゃね?
これはあのスーパーハカーがうまいこと仕組んだって解釈でいいのかね。
というか、あのサイト自体 彼が作って、さも有名なサイトみたいに演出してたのか。
主人公(以下アシュリー)の情弱+ぼっちっぷりが分かった上での釣りだったのか。
情弱だからサイト知らない。
ぼっちだから
アシュリー「うはwwww面白いサイト見つけたwwww」
友達A「は?何それ?4ch、FaceBook,Skypeでいいじゃんwww情弱乙wwww」
アシュリー「mjd? もういいわ」ってならない。
途中のルームメイトがPCさわんな!って怒ったのもちゃんと観られるとばれるから?
そう考えると、スタメン以外のオッサン達はPCの前に24時間全裸待機????

ってこんな風に考えるのがもうめんどくさい。
いくらなんでも都合よすぎ。
だたのホラー映画なのに、こういう無駄解釈が起こることが嫌です。

めんどくさい。

この映画に求めているのは呪文を唱えたら謎のパワーで謎の殺人鬼が出現して美女と調子ついてる若者をナイフで殺す。

ラストは殺人鬼と主人公が燃える家で戦って勝利!遅れて警察+パパが到着して一件落着!
と思いきやまだ殺人鬼のターンは終わってませんでしたーーーー!

これだけでいいんです。
あとはおっぱいの一つ(2つ?)でも出れば 「あー面白かった」で終わるのに余計なことをしくさってもう。

この映画はあれだろ?SNSが流行ってるから便乗してホラー要素入れれば新しい!って思ったんだろ?

4chとか2chの名前出せば良いと思ったんだろ?

そんなん「アジアでは」10年前からあるわー
メリーさんに始まり、赤い部屋、2chで起きた怖い話とか今更感が満載なのに
ドヤ顔で見せてくるのがまた腹立つ


落ちも「はいはい」の一言。

途中に入る主人公の錯乱っぷりとか教授の意味深な発言とかが、
観てる人の考えを「あれ?実は幽霊じゃなくてアシュリーが犯人?」って変化させるのは良いけどいかんせん落ちが。

ファニーゲームみたいだった。

まだアシュリーが犯人でしたって落ちのほうが気持ちよく終わった。



しかし、ダメダメとは言ってますが総評としては80点くらい。

アシュリー役のCaitlin Gerardが好きすぎてこの人を観てるだけで幸せだった。

アップが多いのも良かった。

やたらアップが多かったのは「もうこの映画無理や」って思っての苦肉の策だったりして。

Caitlin Gerard60 内容20の80点!!!

非常にイラつかせ、不愉快な映画である

~~あらすじ~~

夫婦と子供 犬という理想的な家族が別荘にやってきた。

そんな時に謎の2人の青年が別荘を訪れる。

彼らに家族が監禁されてしまい、12時間生き延びるというゲームを仕掛けられる。

~~~~


序盤からイライラしっぱなしである。

じゃれるわ吼えるわでうっざい犬にはじまり本命の青年2人組


まず青年の格好からイラつく

白のシャツ、白の手袋、ハーフパンツという格好である。

原宿のふぁっしょんりーだー()を見てるかのような不快な格好。バカ丸出し。



で、ピザ野郎が昼食の準備中に突然やってきて、隣の別荘の使いで、卵を4つ頂けませんか?と尋ねる

奥さんは快く卵を渡すがピザ野郎はその卵を落としてしまう。

奥さん、気にしないでと言うがピザは
「まだあったでしょ?4つください^^」
とふざけたことを言い出す。

しかも喋りながら奥さんの携帯を水没させてしまう。さすがに奥さんイライラしだす。

この最中にも「本当にありがとう」とか「僕はドジで~」とかいちいち言うのと、
奥さんの反応を待ってる所為でテンポが悪くまたイラつく。

本当はGetout here!!とでも言って追い出したいのだが悪気があるわけではないのと近所付き合いがあるため強気に出られないもどかしさもまたイラつく。

ようやくピザを追い返して一息つこうとタバコを吸いだしたところで「hello」の一声

玄関に行ってみるとあの糞ピザがアホのように家の中にいる。しかもガリ青年のオマケつき。

もうここら辺からこいつらの異常さが見えてきます。

そんな時にガリが
「すごいゴルフクラブですね^^」使わせてもらっていいですか??^^

こんなことを言ってくる。

見てる人は
「いや、帰れよ」と思ったはず。

しかし普通に居座るわ家の中で試すよ?的な空気を出しながらクラブを持って外へ出て行って試し打ち。

戻ってきた所で、奥さんさすがにヤバイと思ったのか出て行け!と言う。

そこに旦那さん登場。

奥さんのブチ切れに対して、糞アメリカンお得意の冷静()リアクションwwww

青年*2の異常さに気づかず、奥さんの訴えも聞かずに
「すまんねー虫の居所が悪かったみたいだ^^今日は帰ってくれ^^」
と糞アメリカン特有の平和ボケっぷり。

そこですかさず青年
「卵ください^^」


バカ旦那もさすがにおかしいと気づく。

青年を平手打ち。

「なんで殴るんですかー?そっちが最初に手出したの悪いんだからね!」
と未成熟な倫理感丸出しのニコ厨のような発想で殴りかかる。

青年、旦那の足をゴルフクラブでぶち割る。

あとは家族を監禁して
「どちらにしようかな?神様の言う通り!」
で子供を射殺。

旦那も射殺

奥さんは手足縛った状態で湖にポイ!

終わり。


この記事を書いてるときは楽しいのですが、映画自体は胸糞悪いですね。

メタ発言も出るし、よくあるヒロインが殺人鬼に一矢報いるシーンも無い。


一応あるんですが、なんかテレビのリモコンで巻き戻しされてしまってなかったことにwww

この映画を見て、楽しかったという感想は出ないでしょう。

残るのは胸糞悪さだけ。
それが心地いいがどうかでこの作品の評価は分かれると思います。
何かと話題?なハンガーゲーム観てきました。

日本では一ヶ月くらい先の公開だったと思います。


この記事を見てる人はこの映画がどんなものかだいたい知ってると思うので簡単に説明しますと

政府の娯楽のために貧しい12の村から男女1人ずつ狩り出されてハンガーゲームのなかで殺し合いをさせられて、最後の一人だけ生きて帰されて富を得られる。という話です。


なんかよくある話だなぁ、と思いつつ見てましたし、どうせあの展開になるんでしょ?

Exactly(そのとおりでございます)


みんなで殺し合いする中で恋だとか友情だとか芽生えて協力してなんかめんどくさい展開になっちゃうあの展開です。

もうさーーーーこういうのいい加減やめようぜ?


こういう映画観る人って血がブシャブシャ出ておっぱい出てギャアギャア騒ぐの欲しいじゃん?

それなのに必ず出てくる仲良しごっこ。

もうウンザリ。

この映画も仲良しサバイバルごっこの映画です。


なんで全員フリークスな映画ってないんだろう。



更にこの映画の糞っぷりはグダグダなストーリーにあります。


話に絡みそうで絡まない政府側の人達。

実際に殺し合いするのは半分過ぎてからで、それまではどうでもいい話を延々。

始まってからも
「なんか主人公逃げてばっかりでつまんなくね?」
じゃあ森焼こうぜ!→謎の火の玉で森が焼かれて強制的に戦わされたり(しかも火の玉で主人公が怪我する糞っぷり)、優勝者は2人にするとかしないとか目的が定まらなかったり、仕舞いには謎の怪獣が出てきて襲ってくるというコメディ映画でした。


これは観ないほうがいいよ^^;
advertisement


プロフィール

hane

Author:hane
ゲーム好きなプログラマーやってます。

使用可能言語:C,C++,C#,WPF,JavaScript,Cuda
使用可能開発環境:VisualStudio2005-2013,Unity,CodeWarrior

リンクフリーです
相互リンクなどはこちら↓までかコメント欄にでもよろしくです。
skymail_tt@yahoo.co.jp

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。